x

2ch 銘柄コメントRANK

新着ブロガー

収支RANK

オススメ書籍





増担保規制とは

 増担保規制とは、証券取引所が行う信用取引を抑制する規制のことです。市場全体にかかる規制ではなく、特定銘柄にかかる規制です。特定銘柄が加熱し相場が荒くなったとき、その加熱を抑えるために行う規制です。規制がかかるとその銘柄の委託証拠金率が上がります。規制のかかった銘柄を信用取引で売買する場合、通常より多くの証拠金が必要となります。


増担保規制がかかる条件・解除条件


 規制にはガイドラインに沿って規制がかかります。増担保規制がかかる前に「日々公表銘柄」に指定される必要があります。日々公表銘柄には特に規制はなく注意を喚起する目的で指定されます。日々公表銘柄もガイドラインに沿って指定されます。

規制の基準には、残高基準、信用取引売買比率基準 、売買回転率基準、特例基準がありこれらのいずれかに該当すると規制がかかります。規制に使われる数値は、売残高対する買残高、売残高、25日移動平均株価との乖離、継続日数などを使って規制の基準が設けられています。規制には4段階にわかれ徐々に規制が厳しくなります。

また規制解除もガイドラインに沿って決められています。詳しくは下記、東証のサイトからガイドラインをダウンロードできます。また「個別銘柄信用取引残高表」を確認すれば「信用取引の規制措置銘柄」「日々公表銘柄」などの信用取引残高を確認することができます。

ガイドライン
http://www.tse.or.jp/rules/tpdoc/index.html

個別銘柄信用取引残高表
http://www.tse.or.jp/market/data/margin/


  • SPONSORED LINK
  • 新規登録
  • ツイッターで新規登録
  • ログイン

人気株式セクタ

おすすめシステム

  • スクリーニングシステム
  • 証券会社比較システム

株記事ランキング

 当サイト上の全ての情報は、インターネット上で公開されている情報を個人的見解でまとめたものであり、情報の真偽、正確性、信頼性等を保証していません。ご利用の際は必ず当サイトの情報を鵜呑みにせず、信頼のおける情報元で裏どりを行ってください。また当サイトは投資の勧誘等を行う目的で運用しておりません。当サイトに記載されている情報を利用し被ったいかなる損害は当サイトは一切の責任を負いません。投資する際は、ご自身の判断でお願い致します。