x

2ch 銘柄コメントRANK

新着ブロガー

収支RANK

オススメ書籍





委託証拠金とは

 信用取引をする場合、投資家は証券会社に一定の資金(証拠金)を預ける必要があります。この資金のことを「委託証拠金」といいます。

 委託証拠金には、現金以外にも株式や国債といった有価証券も認められています。これを「代用有価証券」といいます。代用有価証券を委託証拠金とする場合に、現金として認められる割合が決まっています。その割合を「代用掛目」又は「掛目」といいます。掛目は証券会社、銘柄によって違います。一般的に株式の代用掛目が80%です。


現金500万と評価額500万の株式を持っている場合認められる委託証拠金は
500万 + 400万(500x0.8) = 900万
上記が委託証拠金として認められ約2700万円分の信用取引が可能になります。
  • SPONSORED LINK
  • 新規登録
  • ツイッターで新規登録
  • ログイン

人気株式セクタ

おすすめシステム

  • スクリーニングシステム
  • 証券会社比較システム

株記事ランキング

 当サイト上の全ての情報は、インターネット上で公開されている情報を個人的見解でまとめたものであり、情報の真偽、正確性、信頼性等を保証していません。ご利用の際は必ず当サイトの情報を鵜呑みにせず、信頼のおける情報元で裏どりを行ってください。また当サイトは投資の勧誘等を行う目的で運用しておりません。当サイトに記載されている情報を利用し被ったいかなる損害は当サイトは一切の責任を負いません。投資する際は、ご自身の判断でお願い致します。